~痛みの少ない治療を目指しています~

当院では、院長が国際レーザー歯学会の認定資格を持ち、常に新しい技術の導入、優しい治療、痛みの少ない治療を心がけております。
レーザー治療は色々な症状で使用しています。


1.歯茎の治療(歯周病治療)

歯周ポケット内にレーザーを照射することにより、歯周病の細菌を減らすことができます。また歯茎の腫れ、出血などの炎症を抑えることができ、治癒を促進する効果があります。患者数に歯ブラシ指導や歯垢、歯垢の除去などとあわせてレーザー治療を行うことで、より効果が高まります。

2.口内炎の治療

お口の中や唇にできる口内炎や入れ歯が歯茎にあたってできる潰瘍(かいよう)等にレーザーを照射することにより痛みを緩和させる効果があります。

3.知覚過敏の治療

冷たいお水を飲んだり、歯ブラシが歯にあたるとピリピリと痛みを感じる場合は知覚過敏の可能性があります。
歯の根っこが露出しているために起こって滲みる症状程度の場合、知覚過敏の塗るお薬とあわせて、レーザーを根っこ部分に照射することにより、痛みを緩和させる効果があります。

4.歯の根っこの治療(根管治療)

歯の神経がなく、根っこ内が感染、排膿を起こしている場合、根っこの中は雑菌だらけになっています。根管内にレーザーを照射することにより、根管内が清潔な状態になります。清潔になった状態でお薬を詰めることにより、治療後の痛みや根管内の病気の再発が少なくなります。

5.抜歯後などの止血

歯を抜いた際に、圧迫止血などで止血ができなかった場合に血が出ている歯茎にレーザーを照射することにより、止血の効果があります。抜歯以外にも、歯茎の切開、インプラントなどの外科的治療の場合にもレーザー治療が効果的です。

このように、レーザー治療は様々な治療での有用性があります。当院では、患者様の症状にあわせて、痛みの少ない、優しい治療を心がけています。

私たちと一緒に働きませんか?

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • 予約