歯周病の症状・原因について

こんにちは!神戸市西区の森本歯科クリニック院長の森本です。
今回は「歯周病の症状・原因」について、お話したいと思います。

歯周病の症状は
・ブラッシングの時に、歯茎から血が出る
・歯茎がむずがゆい、痛い
・歯茎が赤く帯びて、腫れている
・口臭がある
・かたい物が噛みにくい、噛めない
・食べ物が歯と歯の間に挟まりやすい
・朝起きたとき、口の中がネバネバする
・歯茎が痩せ、歯が長くなったようになる
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の隙間がでてくる

です。この上記の項目に当てはまる場合は、歯周病の可能性があります。

歯周病の原因は、前回も記載しましたが、歯の表面に付着している歯垢(プラーク)や歯石です。
お口の中には数百種類の細菌が住んでおり、その細菌達は普段あまり悪いことをしませんが、
ブラッシングが不充分であったり、砂糖を過剰に摂取すると、細菌達がネバネバした物質を作り出し、
歯の表面に付着します。
これが歯垢(プラーク)です。歯垢は粘着性が非常に強く、うがいをした程度では落とすことができません。
歯垢の中には数億個の細菌が住みついていると言われおり、歯垢の中の細菌により、歯茎に炎症を与えられる
ことにより、歯周病になるのです。

次のことも歯周病を進化させる因子と言われております。
・歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
・不規則な生活習慣、食習慣
・喫煙
・肥満
・ストレス
・全身疾患(糖尿病など)
・ホルモンバランス
・遺伝
・家族間感染
・薬の長期服用
・不適合な被せ物や入れ歯

歯周病の進行過程で、健康な歯茎の特徴として
・歯茎が薄いピンク色
・歯茎が引き締まっており、弾力がある
・ブラッシングでは血が出ない

歯肉炎の特徴として
・歯茎が赤い色
・歯茎が丸みを帯び膨らんでいる
・ブラッシングで血が出る

歯周病の特徴として
・歯茎が赤紫色
・歯茎が更に腫れている
・ブラッシングで血、膿がでる

です。


患者さまからよくこのような質問がされます。
歯周病って治りますか?
結論から申し上げますと、僕自身は歯周病の完治は難しいと考えております。
なぜなら、人間は食べ物を食べる動物だからです。食べ物の中にはたくさんの菌が含まれてます。

しかし大切なのは、少しでも歯茎の衰えを緩やかにし、5年、10年、何十年経っても1本でも多くご自身の大切な
歯を残す為にも、ご自身でもブラッシングなどで歯や歯茎の予防を行いながら、僕たち歯医者により専門的な治療、
メンテナンスを受けることをオススメいたします。

歯周病でお困りの方は是非、神戸市西区にある森本歯科クリニックにお越し下さいね。ご来院をお待ちしております。

私たちと一緒に働きませんか?

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • 予約